マイクリニック大久保 豊橋
痔の日帰り手術 アルタ療法/ALTA療法 ジオン注
愛知県 豊橋駅前の消化器外科・肛門科・内視鏡検査 

トップページアルタ療法とは ごあいさつ治療の流れドクターから見た「痔の治療はかんたん
女性向け企画1痔の種類内視鏡について院内・マイクリニック大久保案内マスコミ取材地図お問い合わせ問診票ダウンロード患者さんの声

文字サイズ テキストサイズ 小 |中 |大 |



マイクリニック大久保 豊橋
愛知県豊橋市広小路1-18 ユメックスビル6F
電話:0532-35-7741

女性が入りやすいクリニックを目指して

■実は女性は痔になりやすい?

痔になるのは男性だけではありません。実はクリニックにいらっしゃる患者さんの半分は女性です。10代から80代までと幅広い年齢の方がいらっしゃいます。

■便秘によっておこりやすい「切れ痔」

女性が痔になる原因の一つに便秘があります。便秘になると、何日間かぶりに出す便は硬く、大きめになっているため、排便のときにおしりが傷ついて切れ痔になることがあります。また、そういったおしりに負担のかかる状況から、もともとあったいぼ痔が大きくなってしまうケースもあります。硬めの便が出たときにおしりがピリっと痛くなって、紙に血がついてしまった、という急性の切れ痔は誰しも経験したことがあると思いますが、女性の中には便通が非常に悪く、切れ痔を繰り返し、痛みがなかなか良くならない方がいます。通常はおしりが切れても自然に治るのですが、そのような方の場合は傷が治る前にまた硬めの便が出て切れてしまうことを繰り返すため、治りにくい傷ができています。その傷がもとでいぼ状のでっぱりができ、肛門自体が狭く、硬くなってしまうため、便を出すときによけいに痛みを感じたり、出血しやすくなります。このような慢性の切れ痔の場合は手術をして治すことをおすすめしています。切れ痔の手術は、慢性化した切れ痔の部分を取り除いたり、肛門を広げたりして、きれいな新しい肛門をつくる手術です。通常は入院が必要になるケースが多いのですが、当クリニックは独自の工夫で切れ痔の手術もいぼ痔と同様にわずか10分、手術後も1時間程度でお帰りいただけますので、日帰り治療が可能です。治療前は「排便の後は半日くらいおしりが痛い」、「毎日のトイレが苦痛」とおっしゃっていた方にも、手術後は「毎日の排便が楽になり、苦痛から解放されました!」と喜んでいただけています。

■妊娠、出産をきっかけにおこりやすい「いぼ痔」

女性が痔になりやすい、もう一つの大きな原因は妊娠、出産です。妊娠、出産はおなかに力が加わるため、いぼ痔、特に外側のいぼ痔(外痔核)ができやすくなります。実際、「1人目の子供を生んだときから痔になった」などと出産をきっかけに痔を自覚されている方が多くいらっしゃいます。時期としては、妊娠後半から出産後にできやすいです。外側にできるいぼ痔はアルタ療法が効きにくいため、切除を行うのですが、よく調べてみると実は中にもいぼ痔ができていることも多いため、アルタ療法も併用して同時に治します。1人目の妊娠でおしりが腫れて痛くなり大変だったけれども、無事出産を終え、今は痔の症状も落ち着いている方が、2人目のお子さんを考えた時に、「妊娠の時にまた、おしりの症状が出ないだろうか」、「妊娠する前に治してしまった方がよいのだろうか」と悩まれているケースも多いです。そのような方は、次の妊娠の時に前と同じところが腫れて痛くなってしまう可能性が高いので、治療するのが望ましいです。アルタ療法は妊娠中、授乳中に行うことができないので、授乳期が終わってからきちんと治療し、再発を予防することをおすすめしています。

■女性の患者さんが安心して治療を受けられる工夫をしています。

痔は命にかかわる病気ではないので、強い痛みがなければ病院に行かず、何十年もおしりの不快感に悩んでいる方が非常に多くいらっしゃいます。1人目のお子さんを出産したときから痔になり、ずっと不快感を抱えたまま、50〜60代になってから治療にいらっしゃる方もいます。みなさん、「痔の手術はとても痛いと聞いたことがある」、「痔に悩んでいるなんて恥ずかしくて人に相談できなかった」とおっしゃいます。このような方は一人で悩まずに、まずはクリニックに相談に来ていただきたいです。患者さんがなるべく苦痛を感じないように、技術的な工夫を行っているのはもちろんですが、女性の患者さんにも入りやすいクリニックを目指し、できるだけ恥ずかしさを感じなくてすむような配慮をしています。

■クリニック内で男性と会うことはありません。

当クリニックでは入り口を入ると、待合室が男性と女性に分かれています。おしりの悩みでクリニックに来ること自体が不安な上に、異性の方が周りにいる中で診察を待つことに抵抗を感じられる方もいらっしゃるかと思います。待合室から先も異性の方と鉢合わせしないように、受付、診察室、トイレ、回復室はすべて男性、女性で分かれています。診察台や検査に用いるカメラはもちろん、電子カルテも別にしています。
次に診察台での格好ですが、横向きになり、ズボンや下着は全部脱ぐわけではなく、おしりの丸みの少し下くらいに下げたままの状態で診察しています。初めての診察は不安に感じている方が多いので、次に何をするのか、その都度ご説明します。実際に来るまでは、どのような診察をされるのか不安に思っていた患者さんも、どんな診察をするか分かってしまえば、2回目からはまったく不安を感じなくなったとおっしゃっています。男性の医師に診察されることに抵抗を感じていらっしゃる方も、慣れた女性看護師が常に横にいて、タオルで覆うようにしながら診察する等の心配りをしていますので、ご安心いただければと思います。

マイクリニック大久保 豊橋 
痔の日帰り手術 アルタ療法/ALTA療法
愛知県豊橋市
豊橋駅前の消化器外科・肛門科・内視鏡検査

愛知県豊橋市広小路1-18
ユメックスビル6F
お電話でのご予約は

0532-35-7741